FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険の比較&入院

友達が入院しました。

といっても、たいした事ではありません。

一週間くらい。鼻にできた出来物を手術で取ったんだって。

その友達は年上の男の人で、妻子持ちで、一年前に生命保険に加入してもらいました。

もともと他の生命保険会社の生命保険に加入していて、
私が生命保険会社に勤めた事を知り、今の保険料は高いから、と。生命保険の比較・見直しをしたいと言ってくれたのです。

まず、彼が元々加入していた他の生命保険会社の保険証券を見せてもらいました。

すると・・・
生命保険の総額が3000万。
がん・心筋梗塞・脳卒中などの3大疾病になった時の一時金が100万。
ケガや病気で5日以上入院したときには一日5000円という生命保険の内容でした。

保険料は彼が社会人になったばかりの22歳の保険年齢で加入のため7000円でした。

私は、妻子持ちの彼に万一の事があった場合、この生命保険の内容では足りない
と彼に伝え、内容がより濃くなった生命保険の比較・見直しプランを作り、その比較・見直しプランを彼に見てもらいました。

そして彼も比較・見直しプランに興味を示し、一緒に比較・見直しプランを考えました。

結果、生命保険の総額が3500万。
3大疾病の一時金が300万。
入院が一泊二日からで5000円の見直しプランが完成しました。

保険料は26歳の彼の保険年齢で約10000円です。

生命保険を比較・見直しすることによって約3000円保険料が上がりましたが、彼が一家の大黒柱であり万一の事が合った場合、せっかく生命保険に加入し毎月の保険料を払うなら、より役に立つ内容の方がいいのです

生命保険は、万一の事があった場合に自分が生きていくために加入するのです

今回彼は一週間の入院をして、『生命保険の見直しをしといて良かった』と言っていました。

私も彼に生命保険の比較・見直しを勧めて良かったと思っています。
これから彼の入院給付金の手続きです。
スポンサーサイト

年金保険について

私は生命保険会社に勤務し、生命保険の営業を通して、
色々なお客さんに出会い、生命保険の新規加入や見直し・比較、保険料の相談などに携わってきました。

主に入院時などの医療保険がん保険などの、万一の時に備えての保障を勧めていますが、
最近では年金保険も同時に話をしたりしています。

通常、会社に勤めていると厚生年金として自動的に引かれていきます。

もちろん私も会社勤めなので、厚生年金が給与天引されています。

当たり前のように厚生年金が引かれていますが、
現在20代の私が将来貰える年金の額ってどのくらいなんだろう。

仕方なしに払っている感じです。

年金問題が社会問題としてかなり騒がれていますが、年金を払わない若者が多いですよね。

気持ちはわかりますが・・・。

私がもし厚生年金が給与天引されてしまうような会社勤めじゃなくて、
事業主や専業主婦のように国民年金を自身で払う立場だったら・・・

年金を払わないかもしれません

たとえ何十年も年金を払い続けても、実際に年金は貰えるかどうかもわかりません。
年金額には期待できないでしょう。

そこで勧めているのが年金保険なのです。

国からの年金だけでなくて、自分自身でも年金保険に加入して備える。

最近年金保険をお客さんに勧めている中、自分でも年金保険に加入しようかなぁ。
と、考えています。

他の生命保険会社との比較・乗り換え

生命保険の仕事をしていると、周りの人に生命保険の加入をお願いしたり、よく家族や親戚の契約を取ってくる人がいます。

私は面倒くさい事を避けたい気持ちから、周りの人に生命保険の加入を勧めることがないように、担当地区・職域での生命保険の募集活動をしてきました。
生命保険の仕事を始めて半年が過ぎた頃、初めて友達に生命保険に加入してもらいました。

1年半前に他の生命保険会社に加入したそうですが、保険料も高いので、何かいい生命保険の見直しプランがあれば比較して乗り換えたいという事でした。

他の生命保険会社の保険証券を見せてもらうと、やたらと死亡保険金の額が高いだけで、3大疾病時の一時金の額の少ない、保険料のやたらと高い契約内容でした。

私は見直しプランを作る際に、保険料がなるべく安くなるように設計し、死亡保険金が3000万、3大疾病時や入院時の特約を充実させた見直しプランを設計し、今まで見直しプランを設計した中で一番考えました。

友達や家族の生命保険を設計する時は、一番神経を使うものだなぁと思いました。

結果、生命保険を比較して保険料にも納得してもらい、他社の生命保険を解約してもらい、無事に生命保険の新規契約を取ることができました。

生命保険の加入率は高いので、実際、他の生命保険会社との見直し・比較・解約・乗り換えをして契約を取るのがほとんどで、自己契約のお客さんも気と付けていないと、他の生命保険会社から比較・見直しプランを勧められ、乗り換えてしまう可能性があります。


生命保険の加入・お客さんは常に取り合いなのが事実です

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

cowcow

私は、生命保険会社で働く25歳のピチピチ生保レディです。入社まる2年を向かえ、少しずつ一人前の生保レディになりつつあります。大変な仕事でですが、契約さえあげていば時間は自由です。よく漫画喫茶やカラオケに行って時間を潰してます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。